災害伝承のこと

husegu
ベル
ベル

災害伝承にはいろいろな種類があるんだよ。

きほん

災害伝承とは

「 自然災害の教訓を伝える」

災害伝承とは、過去に発生した自然災害の記録や教訓を、後世に伝えるための伝承のことです。文章や絵画、民話やことわざなど、さまざまな形で伝えられてきました。

これだけは知っておいてほしい!伝承についての基礎知識。

1
いちばん大事

目的:何のために

災害伝承は、命を守るために、過去の災害から学び、将来の災害に備えるという目的があります。災害の被害や教訓を後世に伝えることで、災害に対する理解を深め、防災意識を高めることにつながります。

  • 命を守る
  • 過去の災害から未経験の災害を学ぶ
  • 将来の災害に備える
2
伝承の方法

タイプ:おおまかに3つ

災害伝承には、さまざまな種類がありますが、おおまかに3つのタイプがあります。

  • 文字による伝承
    • 災害の記録や教訓を、文章や絵画などの形で残す伝承です。災害の被害状況や、その教訓を記した記録や、災害を題材とした絵画や彫刻、石碑などがこれにあたります。
  • 口承による伝承
    • 災害の経験や教訓を、口頭で伝える伝承です。民話やことわざ、伝承歌などがこれにあたります。
  • 物質的な伝承
    • 災害の被害を受けた建物や遺構などを残す伝承です。遺跡や伝承地、災害の被害を受けた家屋などがこれにあたります。
3
みんなの宝もの

重要性:防災と文化

災害伝承は、自然災害の脅威を認識し、防災意識を高めるために重要な役割を果たしています。また、災害の歴史や文化を継承するという意味でも、貴重な財産です。

4
みんなで取り組もう

保存と活用:私たちの役割

災害伝承は、私たちに自然災害の脅威を教えてくれます。災害伝承を保存し、活用することで、将来の災害に備え、安全で安心な社会を築くことができます。

しかし、災害伝承は、口頭や文字で伝えられてきたため、失われていく危機に瀕しています。災害伝承を保存し、活用していくためには、以下の取り組みが必要です。

  • 災害伝承の調査・収集
    • 現在残っている災害伝承を調査・収集し、記録として残すことが必要です。
  • 災害伝承の普及・啓発
    • 災害伝承を広く伝え、人々の防災意識を高めることが必要です。
  • 災害伝承の活用
    • 災害伝承を教材や資料として活用し、防災教育や防災対策に役立てることが必要です。
もっと詳しく

災害伝承の種類

「たくさんの種類」

日本は、地震、津波、台風、火山噴火など、自然災害の多い国です。そのような災害を経験した人々の体験や教訓は、さまざまなな形伝えられ後世に受け継がれてきました。そのため災害伝承にはたくさんの種類があります。

  • 自然災害伝承碑
  • 古文書・図画
  • 民話・物語
  • 風習・行事
  • 地名
  • 言い伝え・ことわざ
  • かるた・カード
  • 災害遺構
  • 語り部
huseguが選んだおすすめ

自然災害伝承碑選抜!

「石碑だけじゃない!」

自然災害伝承碑は全国に2,000基以上!47都道府県の全てにあります!私たちは2022年から自然災害伝承碑を巡る現地探訪を続けています。私たちのおすすめの自然災害伝承を選抜をしてみました。ぜひ、ご覧ください!

みんなを守る力になるよ

伝承スキルを身につけよう

「命を守る力になる」

災害伝承をすることは、小さなお子様も、大人の人も、みんなに必要なスキルです。災害伝承できる力は自分だけでなく大切な友だちや家族、身近な人の命を守る力です。

簡単にできることから、少しコツが必要なもの、家族や友達みんなと楽しくできることや、学校向きなものや大人向きのものまで、さまざまな方法がたくさんありますが、知っておきたい大切なことがあります。

記事URLをコピーしました