災害伝承のこと

husegu
きほん

災害伝承とは

「 自然災害の教訓を未来に伝える」

災害伝承とは、過去に発生した自然災害の記録や教訓を、後世に伝えるための伝承のことです。文章や絵画、民話やことわざなど、さまざまな形で伝えられてきました。

画像をクリックすると詳しい情報ページが開きます
もっと詳しく

災害伝承の種類

日本は、地震、津波、台風、火山噴火など、さまざまな自然災害の多い国です。そのような災害を経験した人々の体験や教訓は、さまざまなかたちで伝えられ、後世に受け継がれてきました。災害伝承には、さまざまな種類があります。

画像をクリックすると詳しい情報ページが開きます
huseguが選んだおすすめ

自然災害伝承碑選抜!

これまで巡ってきた中でおすすめの自然災害伝承碑あれこれ選抜です!

画像をクリックすると詳しい情報ページが開きます
みんなを守る力になるよ

伝承スキルを身につけよう

災害伝承をすることは、小さなお子様も、大人の人も、みんなに必要なスキルです。災害伝承できる力は自分だけでなく大切な友だちや家族、身近な人の命を守る力です。

画像をクリックすると詳しい情報ページが開きます
記事URLをコピーしました